MBT 口コミ 2013最新入荷のMBT シューズ,MBT ブーツ

MBT 口コミ

トヨタプローブカローラステアリングTOKYOToyotaはすでに安全性の問題のためにリコールの文字列から動揺し、世界最大の自動車メーカーにproblemsanother打撃を操舵力に関する苦情後のHotsellingのカローラ小型車のリコールを検討している。 彼は品質を世界的に改善することに彼のエネルギーを集中したいと言っていた。 十分に質問にお答えします、 豊田状況。水曜日記者団に語ったと聴覚に対処するための最良の幹部だった。と日付が設定されるには至っていない。しかし、トヨタのリコール危機を広げる可能性が憂慮すべき開示では、品質管理を担当するトヨタ幹部、佐々木伸一は、トヨタはカローラ、世界のベストセラーの車の中で問題をpowersteering真剣に苦情を取っていたと述べた。佐々木は、彼らがステアリングの制御を失ったかのようにドライバーが感じるかもしれないと述べたが、それは不明理由だった。 彼は、ステアリングの問題の可能性の根本的な原因として、ブレーキシステムやタイヤの問題を言及した。100未満の苦情があった、自動車メーカーは言う。トヨタの東京オフィスで言えば、佐々木は、カローラのリコールが必要となる場合、それはまだ不透明であると言いましたが、自動車メーカーは、いずれかを検討している。 影響を受けた車両の数は不明である、と彼は言った。同社は評判をサルベージするために、修正が必要な場合に必要となるものは何でもしたいリニューアルの努力で、顧客は最初に入れていた、と彼は言った。トヨタはフロアマットがアクセラレータと故障ブレーキプログラミングをトラップなぜなら、ガスペダルの不具合に関する問題の過去4ヶ月の間にグローバル850万車両をリコールしている。 ハウス監視·政府改革委員会は、トヨタのアクセルペダルの問題で2月24日に公聴会を開催します。 下院エネルギーおよび商業対策委員会は、次の日に1を予定している。稲葉、運輸長官レイラフッドとNHTSA者デイビッドストリックランドは、両方の会議で証言することが期待されています。 上院商業科学運輸委員会は、3月2日公聴会を予定している。豊田は、世界No.1の自動車メーカーでの品質管理を強化し、最初の顧客を置くために彼の約束を改めて表明した。彼は、最近の大規模なリコールの背後にある加速の問題に対して安全対策を追加します世界中のすべての将来のモデルでbrakeoverrideシステムを約束した。システムは、ガスとブレーキペダルが同時に押された場合、アクセルをオーバーライドするメカニズムです。我々は何をカバーされていない、我々は何から離れて実行されていない、豊田は言った。トヨタは、電子スロットルシステムをテストするために独立した研究組織をcommissedており、それらが利用可能になるとの調査結果をリリースする予定です。トヨタは日本の外の車に影響を与えるそのほとんどが大規模なリコール、のために謝罪し水曜日日本の大手新聞にfullpage広告を取った。我々はあなたのすべてを引き起こしていることが大きな不便や悩みのために私たちの心の底から謝罪し、 blackandwhite広告が言う。 論文。 それは他のモデルのためにそれらを続けているものの、トヨタはまた、リコールの影響を受けたモデルのため、日本のテレビ広告を放映停止しました。 その大規模なリコールに関連するドキュメントを引き渡すまでの交通部門。 部門は、自動車メーカーが行動を起こす前に、安全上の欠陥を知っていたどのくらい知りたい。 ユニットは、それが 真剣に車両の安全を進めるために、タイムリーな方法で任意の安全性の問題の政府関係者に警告するために、その責任を負います。と声明で述べている我々は、NHTSAの要求を検討していると、彼らが要求したすべての情報を提供するために協力すると、それは言った。トヨタは30〜60日以上顔罰金内に応答しなければならない。連邦法の下では、自動車メーカーは、安全上の欠陥が存在し、速やかにリコールを実施することを決定5日以内に部門の国家道路交通安全局に通知しなければなりません。
2013最新入荷のMBT シューズ,MBT ブーツ