MBT 通販 2013最新入荷のMBT シューズ,MBT ブーツ

MBT 通販

トヨタはほとんどのためにトップの座を取り戻すカリフォルニア州アーバイン、月は一貫して2007年第1四半期から2009年第3四半期を通じてmostconsideredオートブランドのタイトルを獲得したが、その後同社はhighprofileリコール危機と国内自動車メーカーFordを経験し、その間に2010年第2四半期を通じて、2009年第4四半期のためnumbertwoスポットに落ちた トップの座をキャプチャするために先に急増した。 2010年第3四半期のトヨタのための全体的なmostconsideredオートブランド(セグメントに関係なく)、であることに加えても、かなりこの四半期はね返っnonluxuryセダン/クーペ/ハッチバックとnonluxury SUV / CUVセグメント、トヨタ車を考慮してmostconsideredブランドです。 ケリーブルーブックの市場インテリジェンス研究で追跡37 newvehicleブランド間mostconsideredトップ5のうち、それぞれのシボレーと日産は、含まれています。 日産の対価は2010年第2四半期以来、3ポイントを獲得したとして、韓国の自動車メーカーのために最後の四​​半期numberfiveスポットのために日産を追放ヒュンダイは、2010年第3四半期のために第六位に転落。 トヨタはリコール危機が見られることはまだ残っている前にそれがあったと高く上昇するかどうか。 フォード、ホンダ、シボレー、日産、ヒュンダイの同類との競争は、それは非常に難しいトヨタが強いリードは前進し続けるするために作ることができます。 2010年第3四半期の全体的な、newcarの買い物客は、上位5つの重要な要因として、耐久性/信頼性、燃費、快適性を駆動し、走行性能と安全性を(それぞれ)ランクしばらく彼らの次の新しい車のためのショッピング(セグメントに関係なく)。nonluxuryセダン/クーペ/ハッチバックセグメントに固有の、現代の考慮事項は、それぞれトヨタ、ホンダ、フォード、以下、fifthplace日産以上四場所で若干の優位性を維持します。 初めて、三菱nonluxury SUV / CUVセグメントのこのcategory.In考慮して 'クールファクター/車両画像'の重要因子topratedブランドでしたが、日産とジープの両方が前四半期比を考慮して大幅に増加しました。 さらに、スバルはこのカテゴリに安全性と多様性/柔軟性の重要要因の中toprankedブランドとして初登場した。高級セダン/クーペ/ハッチバックセグメントに固有の、BMWはそれぞれレクサス、アウディ、アキュラやメルセデスベンツ、続いて2010年第3四半期における検討のためのトップの座を、取り戻した。 このセグメントにおける検討のための五メルセデスベンツの場所、それは重要な要因のほとんどのトップランクを獲得し続けて(運転の快適性、安全性、インテリアデザイン/レイアウト、高級感/洗練された、プレステージ/ブランドステータス、温か)。高級SUV / CUVセグメントを考慮し、レクサスはブランドの対価は、過去数四半期侵食されているにもかかわらず、2010年第3四半期のためmostconsideredブランドのままです。 高級SUV / CUVsのトップ検討のためのレクサスはアキュラ、キャデラック、リンカーンとBMW(それぞれ)である。フォードは2010年第2四半期以来、対価の劇的な増加を経験して、mostconsideredトラックブランド残るし続けています。 さらに、安全性の重要な要因はトラック(耐久性/信頼性、燃費、牽引/運搬能力、快適性と安全性を駆動する、それぞれ)のために重要なトップ要因を四捨五入する走行性能を研がれています。ホンダはmostconsideredミニバンブランド残るし続け、まだすべてのミニバンブランドの、唯一の国内自動車メーカークライスラーとダッジは、前四半期比Q3 2010ミニバン対価のわずかな増加を経験した。 ブルーブックのブランドの腕時計は、各セグメント内のmakeの長所と短所を詳述し、消費者の認識を、追跡し、トレンド継続研究である。 時計は主にnewcar買物客のためのブランドの対価、セグメントを考慮し、重要な考慮要因を追跡し、どのブランドがそれらの重要な要因で実行。 ブルーブック·マーケット·インテリジェンスは、2007年以来、ブランドの腕時計を追跡されています。 同社はまた、車両の価格とソフトウェア製品と有名なブルーブック公式ガイドを含む製品やサービスを介して値を報告。 ウォーカーリサーチソリューションズ株式会社
2013最新入荷のMBT シューズ,MBT ブーツ